お世話になった会社と良い関係でいるには

円満退職をするための秘訣はあるのでしょうか。働いている会社の状況と、自分のやっている仕事の内容や役割により進め方は違ってくるかもしれません。それでも共通しているいくつかのポイントはあります。退職の意思を固めてから報告する、引継ぎに手を抜かない、できる限り退社日程を退職する会社にあわせるよう努力する、周囲の配慮は忘れない、などではないでしょうか。退職の意思を伝えるときには必ず退職の「意思変更はない」ということを伝えましょう。引き止められてしまう可能性もありますし、優柔不断な対応をしてしまうと様々な場所に迷惑がかかってしまうことになりかねません。
次に、引継ぎに手を抜かないことです。どうしても気持ちが緩んでしまうかもしれませんが、ここは引継ぎ書を完璧にして、自分が去った後もすぐに仕事がまわるようにしたいものです。さらに、可能である限り今までの会社に対して感謝の気持ちを表わすことができれば良いですよね。次の転職先が決まっていなかったり、時間に融通がきいたりする状況のときには退職日程を会社の都合にある程度あわせることも大切なのではないでしょうか。自分が抜けてしまうことで必ず何らかの業務負荷が色々な人にかかってくるはずです。一定の期間お世話になった会社ですし、上司や同僚に対して少しでも負担がかからないように配慮することができれば、円満退職に近づくことができるのではないでしょうか。お互いに思いやりの気持ちをもつことができれば、スムーズに事が運ぶでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です